2018年9月18日火曜日

なんと1ヶ月以上開けてしまいました。。。

 大変ご無沙汰しております。
はっとして前回の記事を調べたら、お盆前の8月10日!
ばたばたしていて1ヶ月以上間を開けてしまいました。

 この間、大学のサイエンスカフェがあったり、チリに二週間出張したり。で、おととい帰国しました。
 今回は、研究に着手、、と行きたいところですが、まだ片付けなければならない課題はあり。とはいえ、研究員が持ち場の参画機関に着任したり、購入する備品の最終確認をしたり、いよいよ感が高まっています。
 10月ごろからは、モニタリングも開始する予定。ここまで長かったです。

 ところで、帰国の旅程は、9月13日深夜サンティアゴ発、14日朝NY着、午後に立って次の日羽田着、の予定だったのですが、ここにハリケーン フローレンスが発生。サンティアゴ発の飛行機の航路は、フロリダ半島先端近くから米国の東海岸に沿って北上するのですが、予想されたハリケーンの進路といい、タイミングといい、私たちが乗る飛行機とサウスカロライナのあたりで鉢合わせする見込みになり、帰ってこれるのか気を揉みました。実際には、飛行機の航路が内陸寄りに変更されたため、影響なく帰ってくることができ、ほっ。

 今回のチリ行きに向け、7月ぐらいからなんだかんだとワタワタしていたのですが、とりあえず目の前の仕事は終えたわけで、ちょっと落ち着いて論文書きの実験のに取り組めると思うと嬉しいです。
 次のチリ行きは、12月。ここ数年は、南アメリカ大陸に数ヶ月おきに通うスケジュールになる予定です。

2018年8月10日金曜日

そろそろ旅支度

 夏の暑さに気を取られているうちに、ハッと気づくとチリに向けて出発までにあと三週間。
 去年は9月2日から訪問してきましたので、ほぼ一年ぶりの訪問ですね。
 チリは地震・火山大国なのですが、実は現在火山が不穏らしく。。。。

 倉敷も、大雨の台風のと続いてきたのですが、どうぞあちらの天災には縁がないことを願います。そうそう、昨年のチリからの帰り道は、関空に台風が接近したおかげでロスで足止めを食って大変でした。。。。

 昨年は2回チリを訪問しましたが、両方とも、プロジェクト立ち上げのための関係機関周りに費やした旅になり、たくさんプレゼンしたものの、研究活動と呼べるようなものはほとんどなかったわけですが、今年はいよいよ研究の立ち上げです。
 あちらでの研究に向けた予備実験も繰り返し、実験に必要な小物は、あちらで購入するよりもって言った方が早いだろうと、まとめ買いしたり。もう、スーツを何着いれよう、靴はどれを持って。。。なんて悩む旅ではないのだわ🎶♫(多分)というのは、心強くも嬉しい限りです。そーよそーよ、研究者はデニムセーター(チリはまだ早春なのです)ぺたんこ靴よ。

 日本からは、3機関が参加するこのプロジェクト、今回の旅では初めて、サンティアゴでの最初の会合と打ち合わせの後に、3チームが分かれてそれぞれの相手先研究機関にちって活動します。
 いよいよ、の感が密かに強くなってきています。

 

 

2018年8月3日金曜日

何かの障りが。。。。

 学会出張などでラボを留守がちにしていたのですが、お留守番メンバーより、PCRがうまくいきません!という訴えを受けました。
 ある特定の反応をしかけた時だけ、ネガティブコントロールも、ポジティブコントロールも同じようにスメアなバンドが結構強くぼおおおおぉっと出る。この特定の反応をしかけたときだけゴーストバンドが出るのですが、他は全てうまくいく。

 遺伝子が増幅されない、というトラブルならば山ほど経験して来たのですが、私自身は、こういうわけのわからないものが増えてくるって、本当に人生初めて。

 あ〜〜、これは、世にいうcontamination、コンタミですね、とはわかったのですが、何が汚染されているのか特定できず。

 おろしたての酵素だのバッファーでないことはわかり、一安心。

 その『特定の反応』に使っているプライマーなんじゃないの?? → 違った

 水が悪いような?という話もあり、数日ごとに、共有のMiliQ精製機から取ってくる水を貯めとくタンク何か生えたとか?いやそんな。。。。
 →タンクをかなり強烈に洗浄し、新しく水を汲んで来たけれど、効果なし。

 あ〜〜あ、その実験のためにだけ使っているキレート樹脂、Chelex100がやられたか?
 →これも違いました。

 米国ラボでこういうことがあると、『だれかPCRカルマ背負っちゃってない?』などと言いあっていたな、と思い出しました。

 う〜〜ん、前世の罪障?日頃の行い??と片付けるわけにはいかない。汚染源特定に2週間かかってしまいました。

 効果があったのは、なんとpipetman洗浄&オートクレーブ滅菌。
 ラボにあるピペットマンを全て分解してみたところ、一本だけ、内部が盛大に汚れていた。ピペットマンの内部の汚れが、エアロゾルとしてサンプルだの試薬だのを汚染することがある、って聞いたことはあるのですが、これかあぁ?

 最近の高温多湿な気候がこんなところで効いてくる、なんていうことあるでしょうか?内部で何かが増殖して、それをエアロゾルとして撒いていたのでは、というような勢いでした orz。

 自ラボで起こるには非常に本当にお恥ずかしい経験でしたが、一方で、ラボ内のピペットマン、半年に一度ぐらいは、丁寧に分解洗浄するべきだな、と痛感。
 特に、私たちのように、ウイルスも使う、ヘテロシグマ(真核生物)も使う、バクテリアは片っ端から単離スクリーニング、なんていう部屋は、例えばウイルスーヘテロシグマ感染実験をしているところに、バクテリアがちょっとでも入ったりしたら、目も当てられない。
 入れないように注意して日々の操作をしているつもりだったのですが、ラボのメンバーが増えれば増えるほど、ピペットマン使用回数は増え、となると、コンタミの機会だって比例して増えるわけで。

 酵素だのバッファーだのが汚染されているわけでない(たぶん)のは、不幸中の幸い。
 道具の管理は、仕事人の基本だよね、と、大変反省させられました。

 
 


2018年7月27日金曜日

熱中症にご用心

 灼熱日、続いておりますね。
 実は、私自身、2年前に熱中症、というのか、脱水症状で、辛い目にあいました。
 梅雨明け初日、つまり、その夏で最初に気温が上がった日、東京出張で、共同研究者とあって、喫茶店で長時間打ち合わせ。夜は、古い友人にあって、その後、宿に帰り、次の日、用事を済ませて新幹線に乗ろうにも、頭痛がする上にどうしても体が動かない。

 考えてみれば、前日は、コーヒーだのお茶だのビールだの、一般的に水分補給に向いていないと言われている飲み物ばかりを飲んでいた、というのに気づいたのは、這々の体で岡山に帰ってから。
 頭痛も治らず、意識が朦朧としながら、慌てて水を飲んだり、梅干し食べたり、を繰りかえし、元に戻るのには48時間かかりました。

 で、先週、共同研究者が訪ねて来てくれた時のこと。
 倉敷駅から、当所まで、15分歩く間に気持ちが悪くなったそうで、途中のマッサージ屋さんで休憩させてもらいました、という彼女。
 こちらに到着しても、どうしても具合が悪い、と、水を飲んで塩飴舐めたのちに、休憩室で休憩することに。

 こういう症状は初めて、だったのだそうで、怖いです、この暑さ。
 研究室には、カフェインがないタイプのお茶に食塩を振り入れて常備しています。まだ、夏も前半、みなさま、気をつけてお過ごしください。。。。
 

2018年7月20日金曜日

灼熱!

 今年はどこもかしこもお暑いようですが、例に漏れず、倉敷も灼熱です。
 先週は、第32回微生物生態学会に出席するため、沖縄におりました。折しも「猛烈な威力のある」台風8号が接近したのが10日。学会は11日〜13日の予定だったのですが、大会運営委員の先生方が遠方からの参加者にご配慮くださり、学会は急遽12−13日の2日間に短縮されました。早い対応に感謝するとともに、実行委員の方々は、大変だったと思います。

 沖縄では、台風一過!のすっきりとした天気を勝手に予想していたところ、日中の一番暑い時間でも湿度90%前後という、蒸し風呂のような天候だったりもしたのですが、面白いお話をいろいろ伺えて、実りの多い2日間でした。
 学会で、発表を聴きながら「!」と新しい実験を思いついたり、「頭の中をかき回してもらえる」感じが得られるのが、学会参加の醍醐味だと思ういます。今回も、頭の中に入れて持って帰るお土産が得られたのが一番の収穫です。えへへ、あれ、試してみよう♫

 一方で、チリプロ。現在、本格始動のため8月31日からのチリ入りの予定をチーム全体で煮詰めているところです。実は、一足先に、プロジェクト代表チームは現在すでにチリ入り中。彼らは、一度日本に帰国して、二週間ほど開けて、その後再びチリ入りする予定。もうこうなると、地球の裏側なんて言っていられない感じですね。

 暑さにやられず、地道に歩を進めて、8月も乗り切りたいものです。

2018年7月17日火曜日

無事です!

 未だかつてないほどに間が空いてしまいました。
 
 この間、倉敷は、大雨ののちの川の反乱で全国ニュースになったりしましたが、個人的にも、研究所としても、被害はなく、無事でした。
 先週は、沖縄で開かれた学会に参加していたのですが、岡山県倉敷市からきました、というと、皆さん、大変でしたね!と気遣ってくださり、ありがたかったです。

 とりあえず、遅ればせながら無事のお便りだけでもと思い、ご挨拶させていただきました。
 今週から、また活動報告させていただきます。

2018年6月22日金曜日

梅雨と地震

 晴れの国岡山 とはいえ、梅雨は鬱陶しい・・・・などと思っていたところ、大阪の大地震。被害が大きく、心が痛みます。
 大阪周辺に住んでいる知人友人たちが無事とわかり、ほっとしました。
 以前の熊本を震源とする大地震の際もでしたが、今回も、研究室と居室の安全を見直し。
 実は、前回、職場の安全衛生の向上のために一定の頻度で受ける産業医による職場巡視で、私たちのラボ&居室は、「指摘すべき問題点がない」というコメントをいただきました。研究所初、ということで、ちょっと誇らしかったのですが(単に所有している機材が少ないという話がある)、例えば大きな地震が来たら、自分で持ち上げるのが辛いぐらい重く大きいPCのディスプレイがごろっと落ちてきそうとか、キャビネットの上に置いているプリンター、これが落ちたら一大事、とか、短期間のつもりで、重いものを頭より高いところにおいている、とか、見回せば数点ですが、色々と目につくところが。
 これらの対策は練っておいた方が良さそうですね。