2018年6月22日金曜日

梅雨と地震

 晴れの国岡山 とはいえ、梅雨は鬱陶しい・・・・などと思っていたところ、大阪の大地震。被害が大きく、心が痛みます。
 大阪周辺に住んでいる知人友人たちが無事とわかり、ほっとしました。
 以前の熊本を震源とする大地震の際もでしたが、今回も、研究室と居室の安全を見直し。
 実は、前回、職場の安全衛生の向上のために一定の頻度で受ける産業医による職場巡視で、私たちのラボ&居室は、「指摘すべき問題点がない」というコメントをいただきました。研究所初、ということで、ちょっと誇らしかったのですが(単に所有している機材が少ないという話がある)、例えば大きな地震が来たら、自分で持ち上げるのが辛いぐらい重く大きいPCのディスプレイがごろっと落ちてきそうとか、キャビネットの上に置いているプリンター、これが落ちたら一大事、とか、短期間のつもりで、重いものを頭より高いところにおいている、とか、見回せば数点ですが、色々と目につくところが。
 これらの対策は練っておいた方が良さそうですね。
 

 
 
 
 

2018年6月8日金曜日

カフェならぬ、トーク

 さて、先週は岡山大学主催のサイエンス・カフェの話を書きましたが、今週末には、地元のとある高校で、サイエンス・「トーク」でお話をさせていただきます。
 10名以上の高校生と直に話をする機会なんて、実に実に久しぶり。
 この会は、高校生に、実際に科学・技術を生業として日々を過ごしている大人たちと直に交流する機会を設けて、授業で触れる教科としての理科だけではなく、日々の生活に生かされている科学技術について考えたり、あるいはそれぞれの今後の進路について考えるきっかけにしてもらおうというもの。土曜日の不規則課外活動、つまり、興味を持って出席したいと考えた生徒さんたちが出席するというタイプのものだそうです。

 だそうです、というのは、今回が第一回の試みだから。緊張しますね 笑。
 この高校で非常勤教師として教鞭をとっていらっしゃる方がコーディネーターをされているのですが、たまたま私のことを思い出してくださり、このような機会をいただいたのです。今後考えている内容などをお伺いすると、あら、それ、私も生徒として出席したい、、、、と思うようなトピックがあれこれ。土曜日という、普通であればお休みである日を利用して、そのような会をもたれるという、コーディネーター始め先生方のお志に頭が下がります。

 で、どんな風にお話をすれば良いかここしばらく考えていました。
 聴衆は真面目な高校生。まあまあ真面目な高校生だった自分は、どんなことを考えてどんなことを知りたかったかな、、、、などと。私自身は、その頃生物学の研究職を目指しているわけでは全くなかったのですが、一方で、学校だの予備校だのその他だので出会った大人のちょっとした言葉に、結構影響を受けた気がします。
 この仕事をしていて面白い、よかった、と思えることは多々あるわけですが、一期一会のこの機会にそういうものがわかってもらえたら良いな、と思いながら、お話の内容を準備しています。私が興味を持っている研究から話起こして、最後はやっぱり、アンデス山脈@チリの写真で〆、でしょうか。

2018年6月1日金曜日

サイエンス・カフェ転じて.....

 大学本部から、大学主催のサイエンス・カフェでお話する機会をいただきました。最近、本学が取り組みを強化しているSustianable Development Goals(SDGs)=持続可能な成長に貢献する科学的な取り組みを紹介するためのサイエンス・カフェ。一般公開で、特に、高校〜大学生をターゲットとして、の会で、8月開催だそうです。
 この企画を動かしていらっしゃる方がお二人、こちらにおいでくださり、企画の目的、これまでの経緯、どんなデザインを思い描いているか、、、、などなど、1時間ほどお話を伺いました。
 実は、例の(?)チリプロ、これもやはりSDGsをプロジェクトの目標に据えています。赤潮〜チリプロ、と繋げれば、ちょうど主催者のご希望に合致したお話ができるかな?といったところです。

 なんていうお話をした後で、「そうそう」という感じで聞かれたのが、「どうして赤潮の研究を始めたんですか?」

 これ、一口でお答えするのは結構難しいご質問です。
 そもそも、私はこちらに着任する前は、植物と植物ウイルスの間の相互作用を細胞と分子の視点から解明する、という仕事をしていました。
 で、こちらでテニュアトラック(=ひとまず任期付き、審査に通れば終身雇用、通らなければそこで解雇)というポストをいただいた際に、これまでの研究とともに、もう少し新しいことも初めてみようか、と思ったのがきっかけです。
 新しいことを初めてみようか、の背後には、独立のポジションをいただき、更地からラボを作る、という条件だったため、設備投資が切実に必要(研究費取れないと研究も始められないし、となると、当然審査は通らない)という事情があったわけですが。

 新しいこと、となると、自分のそれまでの研究の流れから、ウイルスと他の生物間の相互作用なら都合が良さそう、また、それまでは多細胞生物である宿主でのウイルス感染過程を研究していたのですが、では単細胞生物を攻めてみようか、となり、着任先は植物に特化した研究所なので、単細胞+植物、で、藻類かな。そうそう、岡山は瀬戸内海に面してますが、赤潮って藻類だよね?virus+algaeその他色々なキーワードで文献を検索してみたら、え?赤潮が消滅するって、ウイルス感染なの?という研究に突き当たったわけです。

 というわけで、伝手を頼ってヘテロシグマに行き着き、以後、ヘテロシグマを中心に据えて赤潮の研究をするに至った、というわけです。

 着任する前は、米国にいて、あちらでラボを持ちたいと切実に願っていたのが叶わず帰国、で、生物としての赤潮に携わることになったわけですが。「ということは、あちらにそのままいたら、赤潮研究始めることはなかったわけですね?」と問われ、そう、そうなんですよね。あちらにいて、希望通りのポジションをゲットできていれば、(あちらには、まとまったスタートアップ資金を支給する制度があるので)資金難ながらラボをつくる、を経験することはなかったし、それがなければ、多分、赤潮研究始めることはなかったし、紆余曲折の果てにはチリにご縁ができたりも、多分しなかったでしょう。今、私の居室机の左手には世界地図が貼ってあるのですが、これは、これから研究をしている限り追ってみたいテーマについて考えるために貼ったもの。あちらに落ち着いたら、世界地図を眺めながら夢をみる、なんていう生物学の研究に関わることもなかっただろうな。。。チリでのプロジェクト=研究を通した国際協力・貢献なんていうものに、一隅基礎研究者の自分が関わる日が来るとも思っていなかったし。

 なんていうことをお話ししながら、人生わかりませんね、と、地味にぼーぜんとしました。考えてみれば、サイエンス・カフェの対象者は、特に高校生〜大学生といった、今後のキャリアについて考える人たち。案外この辺の話の方が興味を持ってもらえたりして、などとおもったりもします

 

 
 

2018年5月25日金曜日

新メンバーに続き

 昨日今日と抜けるような青空が続いています。本日、倉敷は最高気温29度の予想。
 ほとんど夏ではないですか。
 梅雨は、曇り空とぱらぱら雨が続く程度の倉敷のこと、このままなんだかんだと暑い夏に突入するのか・・・と、爽やかな青空を見上げながらも、ちらりと憂鬱がかすめたりします。

 今週は、岡大農学部の学生さんが2日だけ実験をしにやってきました。
 今年から農学部のM先生と始めた共同研究、学部生の学生さんに参加してもらって進めてみようという試みです。
 私たちの研究所では、岡山大学から学部生を正式に指導生として引き受けることはできないのですが、学部と研究所の間での共同研究を介して、部分的にこちらで実験を進めてもらうということになったわけです。4月から加わった新メンバーに加え、もう一人、ヘテロシグマ研究に参入者がふえたわけです。すでに走っている、工学部のS先生との共同研究も加えると、岡大でヘテロシグマ研究に関わっている人は、4名になりました。
 去年までは、1〜2名でしたからね、結構増殖した感あり♬

 学生さんに実験手技を教えたり、は、実はかなり好きだったりします。
 米国でポスドクしていた時、通算で30人ぐらいの学生さんと一緒に実験しましたが、プロトコールづくりにはじまり、説明の仕方も練り、当時は英語での意思疎通を円滑に測るためにも、結構色々と気を使った。。。。わけですが、この手のコミュニケーション、手間をかけ、工夫をすることで色々なことが変わってくる、ちょっとした工夫や努力がとっても報われるのが驚きでした。
 こちら側のちょっとした努力、は、こちらの理解だの説明能力だのをあげてくれる、という意味でも、やっぱり、研究しながら教える機会は欲しいものです。

 今年の初め、「新メンバーが欲しいのならば、数名で働きやすいラボを作ろう!」というわけで、細々とした整頓だの、動線の検討だのをしたわけですが、なんだか目論見が当たった感じ。7年前のラボ開闢以来初めて、22平米という小さい部屋に入った中央実験台のあちらとこちらでそれぞれ別々の実験している人がいる、というのは、超ささやかながら達成感がありました(笑)。今の所は、研究の過程のほんの一部をこちらで、というメンバーなわけですが(4月からの新メンバーMさんも、9月にはチリのラボに移動します)、こうやって少しずつチームを大きくしていく、という手もあるな、などととも思いました。
 
 

2018年5月18日金曜日

あれから6年

 昨日は、こちらに着任して一番最初にいただいた研究費を助成財団、長瀬科学技術振興財団の30周年記念の会に出席してまいりました。いただいた際の、贈呈式に出席した時から、6年経ったんだわ、と、ちと感慨深いです。

 大阪で開催されたのですが、この会で、なんと、ノーベル賞受賞者 大村智博士による講演会が行われるということで、楽しみにしておりました。
 大村先生といえば、微生物より数々の抗生物質を発見し、さらにそれらを改良して、人や動物の感染症治療に多大な貢献をされた功績をたたえてノーベル賞を受賞された方です。
 特に、抗寄生虫薬であるイベルメクチンは、もともとは線虫の成長を抑制する化合物として開発されたものが、昆虫や蜘蛛に対しても効果があるということで、これらが起因している病気の治療・拡散防止に大きく貢献したもの。犬のフィラリア症の治療・予防に始まり、最近では皮膚病の疥癬(ダニが原因なのだそうです)の治療にも使われているそうです。なにより、いわゆるNeglected Tropical Diseaseとして知られてきた、熱帯の風土病であるオンコセルカ病や、リンパ系フィラリア症の抑制・治療、そして、地域の住民全体に投与することで拡散予防が実現し、2020年〜25年には撲滅の見通し、というお話を伺って、『科学ができること』の大きさに改めて感動。抗生物質の開発に始まり、研究成果から上がった収益をより社会に役立てるための病院の設立にまで、大村博士ご自身がご尽力されたというお話を伺い、スケールと行動力に圧倒されました。
 帰ってくる新幹線の中でも、今、こちらを書きながらも、思い返して余韻を噛み締めています。

 私自身が理学部出身だからか、研究というのはまずは面白いのが一番大切(その他のことは、そのあとのこと)という発想が抜けないのですが、大村先生のお話は、まさに科学が世界を変えたストーリー。穏やかな、ユーモアを交えた語り口で、普通のことどもを語るようなリズムで語られた内容は、ちょっとやそっとのドラマでは書ききれないようなお話でした。

 という一方で、この財団からいただいたのは、赤潮の研究を始めて、初めていただいた外部研究資金。なんというか、私にとっての、ある意味の『原点』なのです。この研究費の申請書に目標として記述したことで、いまだに実現していないことが多々あるのは心が痛むことなのですが、原点、にまつわる会で、良いお話を聞かせていただきました。
 スケールは違うものの、実は、私たちが参加しているチリプロジェクトも、世界の片隅でお役に立てるような成果を目指しての仕事。とにかく、まずは目の前の基礎研究をしっかり、という思いがあるのですが、一方で、この講演会で伺ったお話は、このプロジェクトが進むにつれ、思い返すことになると思います。
 
 

 

2018年5月10日木曜日

今週は、お休みさせていただきます。

 早いもので、今週末は、恒例の研究所公開です。
 今年も、研究所腕章をつけて、張り切ってご案内させていただきます!
 ご報告は、来週こちらでさせていただきますね♬

2018年4月27日金曜日

GW!

 気づけば、チリプロでのラボメイトが増えて1ヶ月。
 何と言ってもありがたい、というか、ほとんど驚きなのが、
 『申請書を書いているうちに、研究が進んでいる』こと。
 今までは、一緒に働いてきた方々には、研究そのもの、というよりも、補助業務をお願いしていました。申請書を書いている間に、洗い物だの、株の継代だのを進めてもらっていたわけですが、作業ならぬ『研究』が進んでいるというのは、一味違う感があります。

 忘れっぽいのか順応力があるのか、1ヶ月前には『ぼっちラボ』(←同僚の表現です)だったのが、もう思い出せない気分。朝から晩までおしゃべりとして研究周辺の話ができる、というのは、一気に頭が活性化した気分で、ありがたいものです。

 なんて言っているうちに、一度急激に上がった気温が、ふと冷え込み、季節逆戻りの気分の一週間.....とはいえハッと気づいたら、今週末から大型連休ではありませんか!

 最後の山場にかかっている予算申請書。とにかく連休前半に一度仕上げて、後半は遠ざかって頭をリフレッシュして、連休後に仕上げるつもり。
  去年は、GWと説いてGoing to workと説く、と言われて納得していましたが、今年は、何が何でも(?)お休みをいただきます笑。
 みなさま、良い連休をお過ごしください♬